Javascript NyARToolkit demo

かなり遅くなりましたが、Alberto さんから頂いた情報を掲載します。

GDG DevFestで、JavascriptでNyARToolkitを動かすデモについて発表をしてくださったそうです。

サンプルは、こちらで試すことが出来ます。

ブラウザには、Chromeを使用してください。
http://www.jooink.com/experiments/DevFest2012/

English

This is information by Alberto-san.

He made Javascript version NyARToolkit on Chrome browser.
He talked about it in a javascript meeting (GDG DevFest) and published demonstration at http://www.jooink.com/experiments/DevFest2012

 

 

NyARToolkit4.0.3 released

NyARToolkit4.0.3をリリースします。変更内容は、バグフィクスです。RLEラベリングに存在していた致命的な不具合が解消しています。APIについては、基本的に4.0.0と互換性があります。

修正した不具合

修正した不具合は以下の通りです。

#28546,#28540,#28478,#28477,
#28476,#28475,#28323,#28225,
#28067,#28066,#28014,#24229,
#24228,#24215,#27902

ダウンロード

Java/C#/AS3についてはこちらからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/

FLARToolKitのPreReleaseはリポジトリからチェックアウトしてください。
http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/branches/nyatla/v4/tags/pre3

NyARToolkit for AndroidのPreRelease版は、リポジトリからチェックアウトしてください。
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit-and/scm/git/NyARTK4.nyatla/commits/a4949937cb5a3eb2d1b7d6f6b5cd1be02510fbd6

Android版の4.0.1パッケージは、最適化が不十分で低速です。リポジトリからチェックアウトしたコードを使用してください。4.0.3は、Android2.2の端末で、30-60fps(QVGA)で動作します。

English

NyARToolkit4.0.3 was released. Main changes are bugfix. Critical bug in RLE Labeling is fixed. APIs are compatible with 4.0.0.

Bugfix details

#28546,#28540,#28478,#28477,
#28476,#28475,#28323,#28225,
#28067,#28066,#28014,#24229,
#24228,#24215,#27902

Download

NyARToolkit Java/C#/AS3 packages.
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/

FLARToolKit Pre-Release repository
http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/branches/nyatla/v4/tags/pre3

NyARToolkit for Android PreRelease repository
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit-and/scm/git/NyARTK4.nyatla/commits/a4949937cb5a3eb2d1b7d6f6b5cd1be02510fbd6

Android version 4.0.1 package has not optimization, and are very low speeds.
Please use the code 4.0.3 on repository.
4.0.3 is running on Android2.2 and operates by 30-60fps (QVGA).

Spanish

NyARToolkit4.0.3 fue soltado. Los cambios principales son los bugfix. El bicho crítico en Etiquetado de RLE es fijo. API son compatibles con 4.0.0.

Bugfix detalla

#28546,#28540,#28478,#28477,
#28476,#28475,#28323,#28225,
#28067,#28066,#28014,#24229,
#24228,#24215,#27902

Transmita

NyARToolkit Java/C#/AS3 paquetes.
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/

FLARToolKit Pre-Release almacén
http://www.libspark.org/browser/as3/FLARToolKit/branches/nyatla/v4/tags/pre3

NyARToolkit for Android PreRelease almacén
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit-and/scm/git/NyARTK4.nyatla/commits/a4949937cb5a3eb2d1b7d6f6b5cd1be02510fbd6

Versión del androide 4.0.1 paquete no tiene la optimización y es las velocidades muy bajas.
Use el código 4.0.3 en almacén. 4.0.3 están ejecutando en Android2.2 y operan por 30-60fps (QVGA).

 

NyARToolKitAS3 4.0.1 release

NyARToolkitAS3 version 4.0.1 をリリースします。

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=10559

このソースコードは、FLARToolKit version 4のベースになっていますが、FLARToolKitとNyARToolKitのAPIが別々の状態で存在しています。完全な(APIが統合された)FLARToolKitは、 こちらを参照してください。http://www.libspark.org/wiki/saqoosha/FLARToolKit

更新内容

  1. NyARToolkit version 4.0.1のAPIを導入しました。
  2. Away3D version4に対応しました。
  3. サンプルを一新しました。

English

NyARToolkitAS3 is released.

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=10559

  • Update NyARToolkit version 4.0.1 API.
  • Support Away3D version4.
  • Renewal all sample program.

This is base of FLARToolKit but not unified Ny/FL APIs.
See http://www.libspark.org/wiki/saqoosha/FLARToolKit for complete FLARToolKit.

español

NyARToolkitAS3 se libera.

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=10559

  •  Actualización de la versión 4.0.1 NyARToolkit API.
  • Apoyo Away3D versión 4.
  • Renovación de todo el programa de ejemplo.

Esta es la base de FLARToolKit pero no unificado NY / FL API.
Ver http://www.libspark.org/wiki/saqoosha/FLARToolKit de FLARToolKit completa.

NyARToolkit version 4.0.1 Java/C#/Unity Released

NyARToolkit/4.0.1をリリースしました。Java/C#/Unityの同時リリースです。

NyARToolkit for Java

  • MarkerSystemのバグ修正(IdマーカのトラッキングがOFFになっていた問題)
  • 画像タイプにBYTE1D_X8B8G8R8_32を追加
  • NyARGlRender#drawImageをdrawImage2dに変更
  • NyARGlmarkerSystem#getGlMarkerMatrixをgetMarkerMatrixへ変更
  • NyARGlmarkerSystem#getGlMarkerMatrix(int i_id,double[] i_buf)のパラメタを変更
  • NyARGlmarkerSystem#getMarkerPlaneImageの戻り値を変更
  • NyARBufferedImageRasterがB8G8R8X8フォーマットの画像を正しく処理しない不具合を修正。

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=7512

NyARToolkit for C#

  • Javaに適応した問題の修正

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=7672

NyARToolkit for Unity

  • NyARToolkit/4.0.1のAPIに対応。
  • サンプルシーン4種を追加。
  • Texture2Dとの画像の相互変換に対応。
  • UnityMarkerSystemクラスを強化。
  • 座標系をX軸で180度回転しました。

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=12917

English

NyARToolkit/4.0.1 for Java/C#/Unity were released.

NyARToolkit for Java

Fixed some bugs.

  • Updated tracking parametor
  • Fixed a bug of MarkerSystemClass (NyIdMarker did not effect tracking.)
  • Added a new image format BYTE1D_X8B8G8R8_32.
  • Rename NyARGlRender#drawImage to drawImage2d.
  • Rename NyARGlmarkerSystem#getGlMarkerMatrix to getMarkerMatrix
  • Changed parametor of NyARGlmarkerSystem#getGlMarkerMatrix(int i_id,double[] i_buf).
  • Changed the return type of NyARGlmarkerSystem#getMarkerPlaneImage.
  • Fixed a bug of NyARBufferedImageRaster on B8G8R8X8 format.

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=7512

NyARToolkit for C#

  • Update for NyARToolkit/4.0.1 APIs.

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=7672

NyARToolkit for Unity

  • Update NyARToolkit/4.0.1 API
  • Added 4 sample seane.
  • Increased Texture2D compatibility.
  • Updated UnityMarkerSystm class.
  • Rotated Z axis around X axis 180 degrees.

http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=12917

NyARToolkit/4.0.0 release

NyARToolkit version 4.0.0をリリースします。

今回の更新では、パフォーマンスを若干犠牲にして、APIの使い勝手とコードの移植性を向上させました。以前のバージョンと比較して、より簡単に、複雑な機能(複数マーカの制御等)が利用できます。

追加機能

主な機能追加は、以前こちらのトピックで紹介した通りですが、もう一つだけ、画像ファイルをそのままマーカパターンに使うための機能を、MarkerSystemに追加しました。

  • MarkerSystemモジュールを追加しました。このモジュールは、NyAR4psgのMultimarkerの上位互換の機能を提供します。自動敷居値設定、複数マーカの管理、トラッキング、座標変換、画像取得機能を提供します。
  • OpenGL環境下で動作する、簡易なスケッチシステムを追加しました。アプリケーションの実装が容易になります。
  • NyARToolkitPro(仮)とのインタフェイスを追加しました。ARToolKitv4のアルゴリズムを、少量の修正のみで、NyARToolkitから使用できるようになります。
  • JavaのBufferedImageとの相互運用インタフェイスを強化しました。PNG画像をマーカパターンに使用したり、画像をBufferedImageで取得することが容易になります。

修正・変更

  • 多くの変更が有ります。一部のAPIは、3.0系のNyARToolkitと互換性がありません。(代替機能は用意してあります。)
  • ラスタ処理系を大幅に変更しました。INyARRaster、INyARRgbRastetrに関連するクラスは、ほぼ全て更新されています。
  • 画像を処理系をグレースケールで処理するようになりました。

ダウンロード

Sorceforcgeからダウンロードして下さい。
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=7512

English

NyARToolkit version 4.0.0 is released.

In this update, The API access rule and the code portability are more good than old version.  For example, multiple marker handling is more easy. But performance is a little down(3-10%).

New functions

  • MarkerSystem module – The MarkerSystem module provide NyAR4psg like APIs. For example, the module provides, auto threshold detection, multimarker management, tracking , coordinate system converter, image pattern accessor.
  • Sketch system – Sketch system – The sketch system is look like the processing. The sketch system enables application development by shorter code.
  • NyARToolkitV4Pro interface. – NyARToolkitV4 has the NyARToolkitV4Pro addon interface. (It has ARToolKitV4 functions).
  • The interface with BufferedImage of Java is strengthened. For example, a PNG image can be used for a marker pattern as it is.

Update and bugfix

  • A lot of update. Part of APIs are not compatible old NyARToolkit.
  • The raster processor classes was changed a lot. The class revant to INyARRaster and INyARRgbRaster is updated mostly altogether.