トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

NyAR4psg

Last-modified: 2011-12-27 (火) 21:21:54 (1646d)
Top / NyAR4psg

This page is movedEnglish

NyAR4psg

NyARToolkit for proce55ingは、processing環境下でNyARToolkitを利用するフロントエンドです。数行の追加コードで、NyARToolkitの機能を利用する事ができます。

実行には、Processingが必要です。Processingはこちらからダウンロードしてください。

psg.png

特徴

  • 入力にPImageを使用できます。静止画・キャプチャ画像を問いません。
  • レンダリングシステムに、P3Dをサポートします。ProcessingのcoreAPIのみで動作するため、他のPGraphics3Dシステムにも対応できます。
  • MultiMarker?に対応します。このマルチマーカシステムは、ARマーカ、NyId?マーカを、複数同時利用できます。
  • 座標システムに、右手系、左手系の両方を選択できます。ARToolKit?系の右手座標系、Processing系の左手座標系が選択可能です。
  • マーカ平面からの画像抽出ができます。
  • スクリーン座標のマーカ座標への変換ができます。

ダウンロード

ソースコードzip
NyARToolkit for Processingのリリースzipは、Sourceforge.jpからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=8920
Subversion tree
Subversionリポジトリは、こちらから閲覧できます。 http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/svn/view/NyARToolkit/?root=nyartoolkit

外部ライブラリ

NyARToolKit?はProcessingのみで動作しますが、以下のライブラリがあると、より良い開発が可能です。

CaptureDS
Windows環境下では、arc@dmzさん作のDirectShow? JavaベースのキャプチャライブラリCaptureDSの使用をお勧めします。
http://digitalmuseum.jp/software/nui/processing/
Picking
NyAR4Psgは、Pickingライブラリとの共存が可能です。
http://code.google.com/p/processing-picking-library/

サンプル

リンク


添付ファイル: fileprocessing.html 2026件 [詳細] fileNyARTest.pde 2824件 [詳細] filepsg.png 3788件 [詳細]