A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _ 

S

saveARParam(OutputStream) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
この関数は機能しません。
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.FreakFeature
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.GaussianScaleSpacePyramid.LocateResult
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.FeaturePoint
The radius (scale) of the feature in the image.
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DogFeaturePoint
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.freak.FreakFeaturePoint
The radius (scale) of the feature in the image.
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.pyramid.GaussianScaleSpacePyramid.LocateResult
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.NyARNftFreakFsetFile.FreakFeature
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.NyARNftFsetFile.NyAR2FeaturePoints
 
scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.feature.NyARSurfaceFeatureItem
 
scaleFromIndex(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.DoGPyramid
Get the scale from the Laplacian image index.
scaleFromIndex(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DoGPyramid
Get the scale from the Laplacian image index.
score - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint
 
score - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DogFeaturePoint
 
second - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.homography_estimation.RobustHomography.CostPair
 
second - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.utils.AreaBuckit.BucketPair
 
second - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.RobustHomography.CostPair
 
SequentialVector(int[], int, int, int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.match.indexing
Create a sequential vector {x0+0, x0+1, x0+2, ...}
set(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.KpmCoord2D
 
set(Point2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.Point2d
 
set(DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint
 
set(FeaturePoint) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.FeaturePoint
 
set(match_t) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.match_t
 
set(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.match_t
 
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.INyARTransportVectorSolver
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver_ARToolKit
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
setAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix_ARToolKit
ARToolKitスタイルの角度値を、行列にセットします。
setAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix_ARToolKit_O2
 
setARCode(NyARCode) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.algo.INyARMatchPatt
この関数は、インスタンスに基準となるARマーカオブジェクトをセットします。
setARCode(NyARCode) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.algo.NyARMatchPatt_BlackWhite
基準パターンをセットします。
setARCode(NyARCode) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.algo.NyARMatchPatt_Color_WITHOUT_PCA
基準パターンをセットします。
setARCodeTable(NyARCode[], int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.processor.SingleARMarkerProcesser
この関数は、検出するマーカパターンテーブルの配列を指定します。
setAreaRange(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.labeling.rle.NyARLabeling_Rle
検出するラベルのエリア(画素数)範囲を設定します。
setAreaRect(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、頂点集合を包括する矩形を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、頂点集合を包括する矩形を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、頂点集合を包括する矩形のサイズ値(幅、高さ)を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、頂点集合を包括する矩形のサイズ値(幅、高さ)を計算して、インスタンスにセットします。
setBinThreshold(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、2値化敷居値を設定します。
setBreakLoopErrorRatioThresh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setBreakLoopErrorThresh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setBreakLoopErrorThresh2(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setCenterPos(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、頂点集合から、中央値(Σp[n]/n)を求めて、インスタンスにセットします。
setClipping(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARSingleCameraView
視錐台パラメータを設定します。
setConficenceTh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList
マーカの一致敷居値を設定する。
setConfidenceThreshold(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、ARマーカ検出の、敷居値を設定します。
setConfidenceThreshold(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.processor.SingleARMarkerProcesser
この関数は、マーカパターンの一致率の敷居値を設定します。
setContinueMode(boolean) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
この関数は、変換行列の計算モードを切り替えます。
setDist(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.utils.NyARDistMap
この関数は、列と行を指定して、距離値1個をマップにセットします。
setEdgeThreshold(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector
 
setFeaturevec(byte[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.FreakFeature
 
setFromMatrix(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARQuaternion
 
setInitialTransmat(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.ar2.AR2Handle
 
setInlierProbability(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setLaplacianThreshold(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector
 
setLength(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
配列の長さを変更します。
setLinear(NyARLinear, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、i_lineの直線を、インスタンスにセットします。
setLineCoordinates(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntCoordinates
この関数は2点を結ぶ直線を計算して、輪郭線を保存します。
setLostDelay(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、消失時のディレイ値を指定します。
setMapSize(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.utils.NyARDistMap
この関数は、マップのサイズを指定します。
setMarkerWidth(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.processor.SingleNyIdMarkerProcesser
この関数は、マーカの物理サイズを変更します。
setMatXc2U(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setMaxLabels(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.labeling.NyARLabelOverlapChecker
チェックリストの最大数を変更します。
setMaxLoop(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setMaxNumFeaturePoints(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector
 
setNewArray(double[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARVec
現在ラップしている配列を取り外して、新しい配列と、列数をセットします。
setNumBytesPerFeature(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.BinaryFeatureStore
Set number of bytes per feature.
setObjectCenterInReference(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.HoughSimilarityVoting
The location of the center of the object in the reference image.
setPixel(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.fset.TemplateSourceRaster
 
setPixel(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.bin.format.NyARBinRaster_INT1D_BIN_8
 
setPixel(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.gs.format.NyARGsRaster_INT1D_GRAY_8
 
setPixel(int, int, int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.gs.INyARGrayscalePixelInterface
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8_24
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8_24
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8X8_32
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8X8_32
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_R8G8B8_24
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_R8G8B8_24
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8B8G8R8_32
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8B8G8R8_32
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8R8G8B8_32
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8R8G8B8_32
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_INT1D_X8R8G8B8_32
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_INT1D_X8R8G8B8_32
 
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_WORD1D_R5G6B5_16LE
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_WORD1D_R5G6B5_16LE
 
setPixel(int, int, int, int, int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.INyARRgbPixelInterface
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixel(int, int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.INyARRgbPixelInterface
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixel(int, int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.j2se.NyARBufferedImageRaster
 
setPixel(int, int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.j2se.NyARBufferedImageRaster
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.fset.TemplateSourceRaster
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.bin.format.NyARBinRaster_INT1D_BIN_8
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.gs.format.NyARGsRaster_INT1D_GRAY_8
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.gs.INyARGrayscalePixelInterface
この関数は、座標群にピクセルごとのRGBデータをセットします。
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8_24
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_B8G8R8X8_32
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_R8G8B8_24
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8B8G8R8_32
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_BYTE1D_X8R8G8B8_32
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_INT1D_X8R8G8B8_32
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.format.NyARRgbRaster_WORD1D_R5G6B5_16LE
 
setPixels(int[], int[], int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.INyARRgbPixelInterface
この関数は、座標群にピクセルごとのRGBデータをセットします。
setPixels(int[], int[], int, int[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.j2se.NyARBufferedImageRaster
 
setPointDists(NyARIntPoint2d[], int, NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.old.utils.NyARDistMap
この関数は、2つの座標点配列同士の距離値を一括してマップにセットします。
setProjectionMatrixClipping(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARSingleCameraSystem
視錐台パラメータをViewに設定します。
setRaster(INyARRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.match.NyARMatchPattDeviationBlackWhiteData
この関数は、ラスタから差分画像を生成して、格納します。
setRaster(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.match.NyARMatchPattDeviationColorData
この関数は、ラスタから差分画像を生成して、インスタンスに格納します。
setRaster(INyARRgbRaster, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.match.NyARMatchPattDeviationColorData
この関数は、元画像を回転してから、差分画像を生成して、格納します。
setRaster(INyARRgbRaster[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.NyARCode
4枚のラスタオブジェクトから、マーカーパターンを生成して格納します。
setRaster(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.artk.NyARCode
1枚のラスタオブジェクトから、マーカーパターンを生成して格納します。
setRefImageDimensions(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.HoughSimilarityVoting
Set the dimensions fo the reference image
setRotateX(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のX軸回転を設定します。
setRotateY(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のY軸回転を設定します。
setRotateZ(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のZ軸回転を設定します。
setSearchArea(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.rasterdriver.NyARTemplateMatchingDriver_ANY
検索ウインドウの範囲を指定する。
setSeed(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.RansacPointTable
 
setSeed(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARLCGsRandomizer
 
setSequential(FeaturePairStack.Item[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.RansacPointTable
値セットをテーブルにセットする。
setSquare(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARRectOffset
この関数は、原点(0,0,0)位置に、XY平面に平行な正方形マーカのオフセット情報をセットします。
setSquare(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARRectOffset
この関数は、原点(0,0,0)位置に、XY平面に平行な矩形マーカのオフセット情報をセットします。
setTestWindow(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.HomographyPointsCheck
 
setTestWindow(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.HomographyPointsCheck_O1
 
setTranslate(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系の平行移動量を設定します。
setValue(LongDescripter) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.utils.LongDescripter
 
setValue(NyARNftFsetFile.NyAR2FeatureCoord) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.NyARNftFsetFile.NyAR2FeatureCoord
 
setValue(NyARMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMat
i_copy_fromの内容を、thisへコピーします。
setValue(NyARDoubleMatrix44, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
この関数は、視錐台行列をインスタンスにセットします。
setValue(NyARPerspectiveProjectionMatrix, int, int, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
この関数は、ARToolKitスタイルの射影変換行列から視錐台を作成してセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.NyARSurfaceTransMatrixSet
係数をセットする。
setValue(NyARDoubleMatrix33, NyARDoublePoint3d, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMatResult
この関数は、平行移動量と回転行列をセットして、インスタンスのパラメータを更新します。
setValue(double[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.INyARDoubleMatrix
この関数は、配列の内容を行列にセットします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix22
この関数は、要素数4の配列を、行列にセットします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、要素数9の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix33) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix34
この関数は、要素数12の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix34) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix34
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、要素数16の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(NyARDoubleMatrix33, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、平行移動量と回転行列をセットして、インスタンスのパラメータを更新します。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix88
 
setValue(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、オブジェクトの値をインスタンスにセットします。
setValue(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、引数値をインスタンスにセットします。
setValue(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、オブジェクトの値をインスタンスにセットします。
setValueBe(byte[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.utils.LongDescripter
 
setValueLe(byte[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.utils.LongDescripter
 
setVector(double, double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、傾きと通過点から直線式を計算して、インスタンスへセットします。
setVector(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、NyARVecLinear2dを直線式に変換して、インスタンスへセットします。
setVectorWithNormalize(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、NyARVecLinear2dを正規化された直線式に変換して、インスタンスへセットします。
setZXYAngle(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、行列を回転行列として、ZXY系の角度値をセットします。
setZXYAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、行列を回転行列として、ZXY系の角度値をセットします。
sf - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.FeatureVector
 
shift - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.VertexSortTable.Item
 
shiftCopy(NyARDoublePoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
 
shiftCopy(NyARIntPoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
 
shuffle(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.RansacPointTable
Shuffle the elements of an array.
shutdown() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nftsystem.NyARNftSystem
ワーカースレッドを終了します。
sigma - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint
 
sigma - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DogFeaturePoint
 
sigmoid(int, int, double, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.filter.gs.INyARGsToneTableFilter
点 i_x,i_yを中心とする、ゲインi_gainのシグモイド関数を定義して、フィルタを適応します。
Similarity(double[], double, double, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.math.math_utils
Create a similarity matrix.
Similarity(double[], double, double, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.freak.FREAKExtractor
Create a similarity matrix.
SingleARMarkerProcesser - jp.nyatla.nyartoolkit.old.processorのクラス
このクラスは、登録した複数のARマーカのうち、同時に1個のARマーカの検出処理を管理します。
SingleARMarkerTest - jp.nyatla.nyartoolkit.testのクラス
このプログラムは、NyIdマーカ検出クラスSingleARMarkerProcesserの動作チェックプログラムです。
SingleARMarkerTest() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.test.SingleARMarkerTest
コンストラクタです。
SingleNyIdMarkerProcesser - jp.nyatla.nyartoolkit.old.processorのクラス
このクラスは、1個のNyARマーカの検出処理を管理します。
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.DoGPyramid
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.GaussianScaleSpacePyramid
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.matchers.BinaryFeatureStore
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.utils.UnSortedMap
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DoGPyramid
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.pyramid.GaussianScaleSpacePyramid
 
size() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.j2se.BinaryReader
読出し可能なサイズを返す。
SKIP_INTERVAL - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.rasterdriver.NyARTemplateMatchingDriver_ANY
 
SKIP_INTERVAL - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.rasterdriver.NyARTemplateMatchingDriver_INT1D
 
skipF - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.KpmResult
 
SmallestTriangleArea(Point2d, Point2d, Point2d, Point2d) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.math.geometry
Find the smallest area for each triangle formed by 4 points.
SmoothOrientationHistogram(double[], double[], int, double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.OrientationAssignment
Smooth the orientation histogram with a kernel.
smoothOrientationHistogram(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.utils.BilinearHistogram
Smooth the orientation histogram with a kernel.
solve(double[][], double[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARSystemOfLinearEquationsProcessor
この関数は、i_leftとi_rightで表現された連立方程式を解いて、i_left,i_right内容を更新します。
solve2Equation(double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(ax^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve2Equation(double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(x^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve2Equation(double, double, double[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(x^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve3Equation(double, double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、3次方程式(a*x^3+b*x^2+c*x+d=0)の実根を計算します。
solve3Equation(double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、3次方程式(x^3+b*x^2+c*x+d=0)の実根を計算します。
solve4Equation(double, double, double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyAREquationSolver
この関数は、4次方程式(ax^4+bx^3+b*cx^2+d*x+e=0)の実根を計算します。
solveHomography4Points(FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, HomographyMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.HomographySolver
SolveHomography4Points Solve for the homography given 4 point correspondences.
solveHomography4Points(FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, FeaturePairStack.Item, HomographyMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.matcher.homography_estimation.HomographySolver_O1
SolveHomography4Points Solve for the homography given 4 point correspondences.
SolveNullVector8x9Destructive(double[], double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.math.liner_solver
Solve for the null vector x of an 8x9 matrix A such A*x=0.
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.INyARTransportVectorSolver
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver_ARToolKit
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
sortByArea() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.labeling.artoolkit.NyARLabelingLabelStack
この関数は、配列をNyARLabelInfo.areaでソートします。
sortByArea() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.labeling.rle.NyARRleLabelFragmentInfoPtrStack
この関数は、配列をNyARLabelInfo.areaでソートします。
sp_scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.detectors.DoGScaleInvariantDetector.FeaturePoint
 
sp_scale - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.kpm.dogscalepyramid.DogFeaturePoint
 
sq - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
検出した矩形の格納変数。
SQ_10 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
SQ_2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
SQ_20 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
SQ_40 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
SQ_5 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
SQ_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
定数値。
sq_dist - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.VertexSortTable.Item
 
sqDiagonalPointDiff(NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、2つの矩形の対角点同士の距離の二乗値を計算します。
sqDist(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDistBySegmentLineEdge(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、この直線と、i_sp1とi_sp2の作る線分との、二乗距離値の合計を返します。
sqDistBySegmentLineEdge(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、この直線と、i_sp1とi_sp2の作る線分との、二乗距離値の合計を返します。
sqNorm(double, double, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
この関数は、点p1と点p2の距離の二乗値を返します。
sqr(double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.math.math_utils
 
SQRT2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.math.math_utils
 
SQRT2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.math.NyARMath
 
SquareStack - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、拡張したNyARSquareクラスのスタックです。
SquareStack(int) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack
 
SquareStack.Item - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
 
SquareStack.Item() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack.Item
 
sqvertex - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.squaredetect.NyARSquare
矩形の頂点です。
store() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.base.attoolkit5.kpm.vision.Keyframe
 
sub_dpis - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.iset.IsetFileDataParserV5
サブ画像のdpiセット
sum_of_img - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.NyARTemplatePatchImage
有効なピクセル値の合計値
surface_dataset - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.marker.nft.NyARNftDataSet
 
surfaceTrackingTransmat(NyARDoubleMatrix44, NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.surfacetracking.transmat.NyARSurfaceTrackingTransmatUtils
AR2Trackingの出力した頂点セットについて、変換行列を求めます。
swap(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
 
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _