A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

I

icpGetDeltaS(NyARMat, double[], double[][], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpUtils_Base
 
icpGetInitXw2Xc_from_PlanarData(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpPlane_Base
 
icpGetInitXw2Xc_from_PlanarData(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpPlane
 
icpGetInitXw2XcSub(NyARDoubleMatrix44, NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpPlane
 
icpGetJ_U_S(double[][], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44, NyARDoublePoint3d) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpUtils_Base
 
icpGetU_from_X_by_MatX2U(NyARDoublePoint2d, NyARDoubleMatrix44, NyARDoublePoint3d) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpUtils_Base
 
icpPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpPoint_Base
 
icpPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpPointRobust_Base
 
icpPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
ICPアルゴリズムによる姿勢推定を行います。
icpPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpPoint
 
icpPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpPointRobust
 
icpStereoPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpStereoPoint_Base
 
icpStereoPoint(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint3d[], int, NyARDoubleMatrix44, NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpStereoPoint
 
icpUpdateMat(NyARDoubleMatrix44, NyARMat) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.base.NyARIcpUtils_Base
 
id - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingLabel
ラベルのID番号。
id - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARPlayCardList.Item
Idの情報。
id - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycard.PsARPlayCardPickup.PsArIdParam
 
id - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable.IdentifyIdResult
ユーザ定義のID番号です。
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARIntPoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(double, double, NyARDoublePoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(double, double, NyARIntPoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(double, double, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
ideal2Observ(NyARDoublePoint2d, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
ideal2Observ(double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、座標点を理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2Observ(double, double, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
ideal2ObservBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、複数の座標点を、一括して理想座標系から観察座標系へ変換します。
identifyId(NyARDoublePoint2d[], INyARRgbRaster, RawbitSerialIdTable.IdentifyIdResult) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable
この関数は、任意の四角形をIdマーカとして検査し、一致するメタデータを返します。
identifyId(NyARRealityTarget, NyARRealitySource, RawbitSerialIdTable.IdentifyIdResult) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable
この関数は、NyARRealityTargetのターゲットに一致するメタデータを返します。
identity() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列を単位行列にします。
idtag - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult
ユーザ定義のID値です。
init(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARObjectStack
この関数は、配列の有効長を設定します。
initializeParams() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.sampler.lrlabel.LowResolutionLabelingSamplerOut
この関数は、インスタンスを初期化します。
initInstance(NyARGrayscaleRaster, INyARCameraDistortionFactor, NyARGrayscaleRaster, NyARContourPickup) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、インスタンスを初期化します。
initObject() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARManagedObject
この関数は、オブジェクトを初期状態にします。
initRotByAngle(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix
この関数は、ZXY系の角度値を、回転行列にセットします。
initRotByPrevResult(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix
この関数は、NyARTransMatResultの内容を、回転行列にセットします。
initRotBySquare(NyARLinear[], NyARDoublePoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix
この関数は、2次元座標系の矩形を表す直線式と、3次元座標系の矩形のオフセット座標値から、回転行列を計算します。
initRotBySquare(NyARLinear[], NyARDoublePoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix_ARToolKit
 
insertFromTailBefore(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARLinkList
最後尾のリストを削除して、リストのi_itemの直前に要素を追加する。
INT1D - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
int値形式。
INT1D_BIN_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
二値形式。
INT1D_GRAY_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
フレースケール形式。
INT1D_X7H9S8V8_32 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
HSV形式。
INT1D_X8R8G8B8_32 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
RGB形式。
INT2D - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
int値形式。
INT2D_BIN_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
二値形式。
INT2D_GRAY_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
フレースケール形式。
INVALID_REALITY_TARGET_ID - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTarget
定数値。
inverse() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARMat
逆行列を計算して、thisへ格納します。
inverse(NyARDoubleMatrix22) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix22
この関数は、逆行列を計算して、インスタンスにセットします。
inverse(NyARDoubleMatrix33) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、逆行列を計算して、インスタンスにセットします。
inverse(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、逆行列を計算して、インスタンスにセットします。
INyARCameraDistortionFactor - jp.nyatla.nyartoolkit.core.paramのインタフェース
このクラスは、樽型歪み設定/解除クラスです。
INyARColorPatt - jp.nyatla.nyartoolkit.core.pickupのインタフェース
このインタフェイスは、INyARRgbRasterに、RGBラスタから任意の4頂点で定義した領域を、自由変形して格納する関数を追加します。
INyARDisposable - jp.nyatla.nyartoolkit.coreのインタフェース
このインタフェイスは、オブジェクト破棄のタイミングを受け取る関数を定義します。
INyARDoubleMatrix - jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrixのインタフェース
このインタフェイスは、行列クラスに共通な関数を定義します。
INyARGrayscaleRaster - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterのインタフェース
このインタフェイスは、グレースケール画像の操作インタフェイスを提供します。
INyARGsCustomToneTableFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このインタフェイスは、色調フィルタ関数を提供します。
INyARGsEqualizeHistFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このクラスは、ヒストグラムの平滑化フィルタです。
INyARGsGaussianSmoothFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このインタフェイスは、Gaussianフィルタで画像を平滑化します。
INyARGsPixelDriver - jp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriverのインタフェース
 
INyARGsRasterGraphics - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utilsのインタフェース
 
INyARGsReverseFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このインタフェイスは、ネガポジ反転機能を提供します。
INyARGsRobertsFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このインタフェイスは、Roberts法で勾配画像を作ります。
INyARGsToneTableFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gsのインタフェース
このクラスは、色調テーブルフィルタです。
INyARHistogramAnalyzer_Threshold - jp.nyatla.nyartoolkit.core.analyzer.histogramのインタフェース
このインタフェイスは、ヒストグラムから敷居値を探索する関数を定義します。
INyARHistogramFromRaster - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriverのインタフェース
ヒストグラムを生成するインタフェイスです。
INyARMarkerSystemConfig - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystemのインタフェース
このインタフェイスは、NyARMarkerSystemのコンフィギュレーションオブジェクトに使用します。
INyARMarkerSystemSquareDetect - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystemのインタフェース
 
INyARMatchPatt - jp.nyatla.nyartoolkit.core.matchのインタフェース
このインタフェイスは、パターンマッチ処理の共通関数を定義します。
INyARPca2d - jp.nyatla.nyartoolkit.core.pca2dのインタフェース
このクラスは、主成分分析関数のインタフェイスを定義します。
INyARPerspectiveCopy - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriverのインタフェース
このインタフェイスは、ラスタから射影変換画像を取得するインタフェイスを提供します。
INyARRaster - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterのインタフェース
このインタフェイスは、2次元ラスタにアクセスする関数を定義します。
INyARRgb2GsFilter - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gsのインタフェース
 
INyARRgb2GsFilterArtkTh - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gsのインタフェース
 
INyARRgb2GsFilterRgbAve - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gsのインタフェース
 
INyARRgb2GsFilterRgbCube - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gsのインタフェース
 
INyARRgb2GsFilterYCbCr - jp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gsのインタフェース
 
INyARRgbPixelDriver - jp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriverのインタフェース
このインタフェイスは、ラスタからRGBピクセル値を読みだす関数を定義します。
INyARRgbRaster - jp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgbのインタフェース
このインタフェイスは、INyARRasterに、カラー画像へアクセスする機能を追加します。
INyARRotMatrixOptimize - jp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.optimize.artoolkitのインタフェース
このクラスは、ARToolKit由来の回転行列最適化関数を定義します。
INyARSingleCameraSystemObserver - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystemのインタフェース
管理システムの発行するイベントを処理するインタフェイスです。
INyARSquareContourDetectorHandler - jp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetectのインタフェース
このインタフェイスは、NyARSquareContourDetectorクラスのイベントハンドラです。
INyARTransMat - jp.nyatla.nyartoolkit.core.transmatのインタフェース
このインタフェイスは、二次元矩形から3次元位置姿勢を推定する関数を定義します。
INyARTransportVectorSolver - jp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solverのインタフェース
このインタフェイスは、姿勢変換行列の並進ベクトルを計算する関数を定義します。
INyARVectorReader - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartkのインタフェース
このインタフェイスは、グレイスケールラスタから画像のベクトルを読みだす関数を定義します。
INyIdMarkerData - jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.dataのインタフェース
このインタフェイスは、エンコード済みマーカデータ格納クラスの共通関数を定義します。
INyIdMarkerDataEncoder - jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.dataのインタフェース
このインタフェイスは、マーカパターンデータのエンコーダに共通な関数を定義します。
isCompatibleRaster(INyARRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARGsPixelDriver
 
isCross(NyARLinear) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、2直線が交差しているかを返します。
isEqual(INyIdMarkerData) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.INyIdMarkerData
この関数は、i_targetのマーカデータとインスタンスのデータを比較します。
isEqual(INyIdMarkerData) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerData_RawBit
この関数は、i_targetのマーカデータとインスタンスのデータを比較します。
isEqual(INyIdMarkerData) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerData_RawBitId
この関数は、i_targetのマーカデータとインスタンスのデータを比較します。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Base
この関数は、インスタンスのバッファタイプが引数のものと一致しているか判定します。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Perspective
この関数は、インスタンスのバッファタイプが引数のものと一致しているか判定します。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_PseudoAffine
この関数は、インスタンスのバッファタイプが引数のものと一致しているか判定します。
isEqualBufferType(int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.INyARRaster
この関数は、画素形式がi_type_valueであるか、チェックします。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARGrayscaleRaster
この関数は、ラスタの幅を返します。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARRaster_BasicClass
この関数は、ラスタの幅を返します。
isEqualBufferType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.NyARRgbRaster_BasicClass
この関数は、ラスタの幅を返します。
isEqualSize(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、サイズが引数値と同一であるかを確認します。
isEqualSize(NyARIntSize) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、サイズが引数値と同一であるかを確認します。
isExistMarker(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、 マーカIDに対応するマーカが検出されているかを返します。
isInnerPoint(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、点が矩形の範囲内にあるか判定します。
isInnerPoint(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、点が矩形の範囲内にあるか判定します。
isInnerPoint(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、点が矩形の範囲内にあるか判定します。
isInnerPoint(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、座標がサイズの範囲内(0,0-w,hの矩形)にあるかを返します。
isInnerPoint(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、座標がサイズの範囲内(0,0-w,hの矩形)にあるかを返します。
isInnerPoint(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、座標がサイズの範囲内(0,0-w,hの矩形)にあるかを返します。
isInnerRect(NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、引数の矩形が、この矩形内にあるか判定します。
isInnerRect(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、引数で定義される矩形が、この矩形内にあるか判定します。
isInnerRectPoint2d(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTarget
この関数は、点がRTターゲットの二次元座標系の四角形を包括する矩形の内側にあるか判定します。
isInnerSize(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、引数値がインスタンスのサイズよりも小さいかを返します。
isInnerSize(NyARIntSize) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、引数値がインスタンスのサイズよりも小さいかを返します。
isInnerVertexPoint2d(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTarget
この関数は、点がRTターゲットの二次元座標系の四角形の内側にあるか判定します。
isReady() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.realitysource.nyartk.NyARRealitySource
この関数には、thisインスタンスの読出し準備ができているか返す処理を実装します。
isReady() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.realitysource.nyartk.NyARRealitySource_Reference
所有するラスタが読出し可能であるかを返します。
isSupport(INyARRaster, INyARRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.NyARRasterFilter_Rgb2Hsv.IFilter
 
items - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntCoordinates
点を格納する配列です。
items - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utils.VecLinearCoordinates
リスト要素を格納する配列です。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _