A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

D

data - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARHistogram
ヒストグラムを格納する配列です。
data - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPattern
データパケットの配列。
DBL_EPSILON - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
 
decompMat(NyARMat, NyARMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
この関数は、ARToolKitのarParamDecompMatと同じです。
deleteObject(NyARManagedObject) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARManagedObject.INyARManagedObjectPoolOperater
この関数は、指定したオブジェクトを、割り当て済みから未割り当てにします。
deleteObject(NyARManagedObject) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARManagedObjectPool.Operator
 
deleteObject(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARObjectPool
この関数は、オブジェクトプールへオブジェクトを返却します。
detect_type - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
[read only]どのような手法で矩形を検出したかを示す値。
detectCardDirection(NyARRealityTarget, CardDetect.UnknownRectInfo) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.CardDetect
この関数は、i_targetの矩形比率を推定します。
detectMarker(NyARBinRaster, NyARSquareContourDetector.CbHandler) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquareContourDetector_ARToolKit
この関数は、ラスタから矩形を検出して、自己コールバック関数#onSquareDetectで通知します。
detectMarker(INyARGrayscaleRaster, NyARIntRect, int, NyARSquareContourDetector.CbHandler) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquareContourDetector_Rle
この関数は、ラスタから矩形を検出して、自己コールバック関数#onSquareDetectで通知します。
detectMarker(INyARGrayscaleRaster, int, NyARSquareContourDetector.CbHandler) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquareContourDetector_Rle
この関数は、ラスタから矩形を検出して、自己コールバック関数#onSquareDetectで通知します。
detectMarker(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleARMarkerProcesser
この関数は、画像を処理して、適切なマーカ検出イベントハンドラを呼び出します。
detectMarker(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleNyIdMarkerProcesser
この関数は、画像を処理して、適切なマーカ検出イベントハンドラを呼び出します。
detectMarkerCallback(NyARIntCoordinates, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquareContourDetector.CbHandler
この関数は、自己コールバック関数です。
detectMarkerCb(NyARIntCoordinates, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.INyARSquareContourDetectorHandler
この関数は、自己コールバック関数です。
detectMarkerCb(NyARSensor, int, NyARSquareContourDetector.CbHandler) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.INyARMarkerSystemSquareDetect
 
detectMarkerLite(INyARRgbRaster, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARDetectMarker
この関数は、画像からマーカを検出します。
detectMarkerLite(INyARRgbRaster, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
この関数は、画像から登録済のマーカ検出を行います。
dir - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerSortList.Item
 
dir - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARPlayCardList.Item
 
dir - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.NyIdList.Item
 
direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattResult
ARToolKit準拠の方位定数です。
direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerParam
ARToolKit準拠のマーカの方位値です。
direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycard.PsARPlayCardPickup.PsArIdParam
 
DIRECTION_UNKNOWN - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattResult
disableMatchItem(ARMarkerSortList.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerSortList
リスト中の、i_itemと同じマーカIDか、同じ矩形情報を参照しているものを無効に(ptr.idを-1)する。
disableMatchItem(VertexSortTable.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.VertexSortTable
指定したターゲットと同じマーカと同じ矩形候補を参照している
dispose() - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.INyARDisposable
オブジェクトの終期化のタイミングを与えます。
dist(double, double, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
この関数は、点1と点2の距離値を返します。
doFilter(int[], INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsCustomToneTableFilter
 
doFilter(int, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsEqualizeHistFilter
 
doFilter(INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsGaussianSmoothFilter
 
doFilter(INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsReverseFilter
 
doFilter(INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsRobertsFilter
 
doFilter(INyARRgbRaster, INyARRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.NyARRasterFilter_Rgb2Hsv
入力ラスタをHSV形式に変換して、出力ラスタへ書込みます。
doFilter(INyARRaster, INyARRaster, NyARIntSize) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.NyARRasterFilter_Rgb2Hsv.IFilter
 
doFilter(int, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.INyARRgb2GsFilterArtkTh
RGBラスタを(R+G+B)
doFilter(int, int, int, int, int, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.INyARRgb2GsFilterArtkTh
 
doFilter(INyARRaster, INyARRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NegativeSqRoberts
この関数は、入力画像にフィルタ処理をして、出力画像に書き込みます。
doGaussianElimination(double[][], double[], int, int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARSystemOfLinearEquationsProcessor
この関数は、方程式の係数配列にガウスの消去法を実行します。
drawFrameEdge() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingImage
この関数は、矩形エッジ(画像を囲む枠)を書きます。
DT_FAILED - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
定数値。
DT_LIDAILY - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
定数値。
DT_SQDAILY - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
定数値。
DT_SQINIT - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
定数値。
dx - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
x方向の直線の変化量
dy - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
y方向の直線の変化量
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _