A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

C

c - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
直線式の係数 c
CardDetect - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのクラス
このクラスは、未知の寸法、未知の縦横比率の矩形を認識するサンプルです。
CardDetect() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.CardDetect
 
CardDetect.UnknownRectInfo - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのクラス
このクラスは、矩形比率の推定結果を記録します。
CardDetect.UnknownRectInfo() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.CardDetect.UnknownRectInfo
コンストラクタ。
center2d - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack.Item
 
cf - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList.Item
MK_ARの情報。
cf - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerSortList.Item
 
changeScale(double, double) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、歪みパラメータをスケール倍します。
changeScale(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
 
changeScale(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
changeScale(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
行列にスケール値を積算します。
changeScreenSize(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
この関数は、現在のスクリーンサイズを変更します。
changeScreenSize(NyARIntSize) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
この関数は、現在のスクリーンサイズを変更します。
changeStatusToIgnore(NyARTarget, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTracker
この関数は、指定したターゲットのステータスを、ignoreにします。
changeTargetToDead(NyARRealityTarget) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、指定しRTたターゲットをKnown,またはUnknownステータスからDeadステータスへ遷移させます。
changeTargetToDead(NyARRealityTarget, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、指定したRTターゲットをKnown,またはUnknownステータスからDeadステータスへ遷移させます。
changeTargetToDeadBySerial(long) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、シリアル番号に一致するRTターゲットをKnown/UnknownステータスからDeadターゲットへ遷移させます。
changeTargetToKnown(NyARRealityTarget, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、指定したRTターゲットをUnknownステータスからKnownステータスへ遷移させます。
changeTargetToKnown(NyARRealityTarget, int, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、指定したRTターゲットをUnknownステータスからKnownステータスへ遷移させます。
changeTargetToKnownBySerial(long, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、シリアル番号に一致するRTターゲットをUnknownステータスからKnownステータスへ遷移させます。
check(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelOverlapChecker
この関数は、チェックリストにあるラベルと、与えられたラベルが、重なっているかを調べます。
check - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPattern
コントロールビットのチェック値
checkLargeDiff(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatusPool
この関数は、頂点同士の移動距離を測定して、極端に大きな差を含む点が無いかをチェックします。
checkRotation(NyARRotVector, NyARRotVector) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotVector
この関数は、ARToolKitのcheck_rotationに相当する計算をします。
checkVectorByVertex(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotVectorV2
この関数は、ARToolKitのcheck_dir関数に相当します。
checkVertexShiftValue(NyARSquare) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquare
この関数は、頂点同士の距離から、頂点のシフト量(回転量)を返します。
clear() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
この関数は、配列の長さを0にリセットします。
clip(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、矩形を領域内にクリップします。
clip_b - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域範囲の下端
clip_l - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域範囲の左端
clip_r - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域範囲の右端
clip_t - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域範囲の上端
compareVertexSet(NyARIntPoint2d[], NyARIntPoint2d[], int[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TrackingList
この関数は、頂点セット同士のシフト量を計算して、配列に値を返します。
confidence - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattResult
パターンの一致率。
confidence - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult
パターンの一致率です。
convert(INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.INyARRgb2GsFilter
i_rasterへグレースケール画像を生成します。
convertRect(int, int, int, int, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.INyARRgb2GsFilter
元画像の指定範囲の矩形から、グレイスケール画像を生成して、i_rasterへコピーします。
coord2Line(int, int, NyARIntCoordinates, NyARLinear) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARCoord2Linear
この関数は、輪郭点集合からay+bx+c=0の直線式を計算します。
copy(INyARRgbRaster, INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.NyARRgbRaster_BasicClass
ラスタのコピーを実行します。
copyArray(NyARIntPoint2d[], NyARIntPoint2d[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、配列の値をコピーします。
copyFrom(NyARMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARMat
非推奨です。 
copyFrom(INyARCameraDistortionFactor) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、参照元から歪みパラメータ値をコピーします。
copyFrom(INyARCameraDistortionFactor) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
コピー元のオブジェクト。
copyFrom(INyARCameraDistortionFactor) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、参照元から歪みパラメータ値をコピーします。
copyFrom(NyARLinear) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、引数値からパラメータをインスタンスへコピーします。
copyFrom(INyIdMarkerData) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.INyIdMarkerData
この関数は、i_sourceからインスタンスにマーカデータをコピーします。
copyFrom(INyIdMarkerData) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerData_RawBit
この関数は、i_sourceからインスタンスにマーカデータをコピーします。
copyFrom(INyIdMarkerData) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerData_RawBitId
この関数は、i_sourceからインスタンスにマーカデータをコピーします。
copyPatt(NyARIntPoint2d[], int, int, int, INyARRgbRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.INyARPerspectiveCopy
この関数は、i_outへパターンを出力します。
copyPatt(NyARDoublePoint2d[], int, int, int, INyARRgbRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.INyARPerspectiveCopy
 
copyPatt(double, double, double, double, double, double, double, double, int, int, int, INyARRgbRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.INyARPerspectiveCopy
 
copyPatt(double, double, double, double, double, double, double, double, int, int, int, INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARPerspectiveCopy_Base
 
copyPatt(NyARDoublePoint2d[], int, int, int, INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARPerspectiveCopy_Base
 
copyPatt(NyARIntPoint2d[], int, int, int, INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARPerspectiveCopy_Base
 
copyTo(int, int, int, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utils.INyARGsRasterGraphics
この関数は、出力先に一定間隔で間引いた画像を出力します。
COS_DEG_10 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_15 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_20 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_25 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_30 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_5 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
COS_DEG_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
create2dArray(int, int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトの二次元配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.rlelabeling.NyARLabeling_Rle.RleElement
 
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARRectOffset
この関数は、NyARRectOffsetの配列を生成します。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、オブジェクトの配列を生成して返します。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、オブジェクトの配列を生成して返します。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトの一次元配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、オブジェクトの一次配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、指定サイズのオブジェクト配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、指定サイズのオブジェクト配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、指定サイズのオブジェクト配列を作ります。
createArray(int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utils.VecLinearCoordinates.VecLinearCoordinatePoint
 
createAutoThresholdArgorism() - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.INyARMarkerSystemConfig
敷居値決定クラスを生成して返します。
createAutoThresholdArgorism() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystemConfig
 
createCustomToneTableFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createDataInstance() - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.INyIdMarkerDataEncoder
この関数は、このエンコーダの出力形式のオブジェクトを生成して返します。
createDataInstance() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerDataEncoder_RawBit
この関数は、NyIdMarkerData_RawBit型のオブジェクトを生成して返します。
createDataInstance() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerDataEncoder_RawBitId
この関数は、NyIdMarkerData_RawBitId型のオブジェクトを生成して返します。
createDefaultParameter() - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
テストパラメータを格納したインスタンスを生成します。
createDriver(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.rlelabeling.NyARLabeling_Rle.RasterDriverFactory
この関数はラスタから呼ばれる。
createDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattDeviationColorData.RasterDriverFactory
 
createDriver(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.NyARGsPixelDriverFactory
ラスタから画素ドライバを構築します。
createDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.NyARGsPixelDriverFactory
 
createDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.NyARRgbPixelDriverFactory
この関数は、i_rasterを操作するピクセルドライバインスタンスを生成します。
createDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARPerspectiveCopyFactory
指定したIN/OUTに最適なINyARPerspectiveReaaderを生成します。
createDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.NyARRgb2GsFilterArtkThFactory
 
createDriver(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARContourPickup.ImageDriverFactory
 
createDriver(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utils.NyARGsRasterGraphicsFactory
この関数は、i_rasterを操作するピクセルドライバインスタンスを生成します。
createEqualizeHistFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createFromARParamFile(InputStream) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
i_streamからARToolkitのカメラパラメータを読み出して、格納したインスタンスを生成します。
createFromARPattFile(InputStream, int, int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARCode
inputStreamからARToolKit形式のパターンデータを指定サイズで読み出して、格納したインスタンスを生成します。
createFromCvCalibrateCamera2Result(int, int, double[], double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
intrinsic matrixとdistortion coeffsパラメータでインスタンスを初期化します。
createGaussianSmoothFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createHistogram(int, int, int, int, int, NyARHistogram) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.INyARHistogramFromRaster
 
createHistogram(int, NyARHistogram) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.INyARHistogramFromRaster
 
createInstance(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARHistogramFromRasterFactory
 
createInstance(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterdriver.NyARHistogramFromRasterFactory
 
createInstance(NyARParam, NyARCode, double, int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
処理プロファイルを指定して、NyARSingleDetectoMarkerオブジェクトを生成します。
createInstance(NyARParam, NyARCode, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingImage
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Base
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Perspective
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_PseudoAffine
 
createInterface(Class<?>) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.INyARRaster
ARTKに必要なラスタドライバインタフェイスを返す。
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARBinRaster
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARGrayscaleRaster
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARHsvRaster
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARRaster
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.NyARRaster_BasicClass
 
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.NyARRgbRaster
サポートしているインタフェイスは以下の通りです。
createInterface(Class<?>) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.raster.rgb.NyARRgbRaster_BasicClass
 
createReverseFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createRgbAveDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.NyARRgb2GsFilterFactory
この関数は、(R*G*B)/3 でグレースケール化するフィルタを生成します。
createRgbCubeDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.NyARRgb2GsFilterFactory
この関数は、(R*G*B>>16) でグレースケール化するフィルタを生成します。
createRobertsFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createSerialId() - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTarget
ID生成器。
createSerialId() - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTarget
この関数は、クラスのドメインで一意なシリアルID(トラックターゲットID)を返します。
createToneTableFilter(INyARGrayscaleRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.NyARGsFilterFactory
 
createTransmatAlgorism() - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.INyARMarkerSystemConfig
姿勢行列計算クラスを生成して返します。
createTransmatAlgorism() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystemConfig
 
createYCbCrDriver(INyARRgbRaster) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.rgb2gs.NyARRgb2GsFilterFactory
この関数は(Yrcb)でグレースケール化するフィルタを生成します。
crossPos(NyARLinear, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、直線の交点を計算します。
crossPos(double, double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、直線の交点を計算します。
crossPos(double, double, double, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、直線の交点を計算します。
crossPos(NyARVecLinear2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、直線との交点を求めます。
crossProduct3Point(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、3点で定義される直線から、外積を計算します。
crossProduct3Point(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、3点で定義される直線から、外積を計算します。
ctrl_domain - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPattern
コントロールビットのDoamin番号
ctrl_mask - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPattern
コントロールビットのマスク番号
cubeRoot(double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
この関数は、3乗根を求めます。
current_id - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.test.NyIdTest.MarkerProcessor
current_sampleout - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARNewTargetStatus
[readonly]ラべリング結果の参照ポインタです。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _