A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

T

tag - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleARMarkerProcesser
ユーザーが自由に使えるタグ変数です。
tag - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleNyIdMarkerProcesser
ユーザーが自由に使えるタグ変数です。
tag - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTarget
ユーザオブジェクトを配置するポインタータグです。
tag - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTarget
ユーザオブジェクトを配置するポインタータグです。
Test() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.test.NyIdTest
テスト関数の本体です。
Test() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.test.SingleARMarkerTest
テスト関数の本体です。
Test_arDetectMarkerLite() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.test.RawFileTest
この関数は、テスト関数の本体です。
THLESHOLD_AUTO - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
定数値。
threshold - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerParam
マーカから求められたラべリング用閾値です。
time_stamp - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
最後に認識したタイムスタンプ。
tl_center - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
 
tl_rect_area - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
 
tl_vertex - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
トラッキングログ用の領域
TM_ARTKICP - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystemConfig
ARToolkit v4に搭載されているICPを使った変換行列計算アルゴリズムを選択します。
TM_ARTKV2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystemConfig
ARToolkit v2互換のニュートン法を使った変換行列計算アルゴリズムを選択します。
TM_NYARTK - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystemConfig
NyARToolKitの偏微分を使った変換行列アルゴリズムです。
TMarkerData - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、マーカ情報を格納するためのクラスです。
tmat - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
検出した矩形の格納変数。
top - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum.FrustumParam
 
total_of_data - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARHistogram
ヒストグラムの合計値です。
traceConture(int, NyARIntPoint2d, VecLinearCoordinates) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.INyARVectorReader
この関数は、ヒント画像の基点から輪郭点をトレースして、元画像の輪郭ベクトルを配列に返します。
traceConture(NyARIntCoordinates, int, int, VecLinearCoordinates) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.INyARVectorReader
この関数は、カーネルサイズを指定して、ヒント画像の輪郭座標から、元画像の輪郭線のベクトルを得ます。
traceConture(int, NyARIntPoint2d, VecLinearCoordinates) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、ヒント画像の基点から輪郭点をトレースして、元画像の輪郭ベクトルを配列に返します。
traceConture(NyARIntCoordinates, int, int, VecLinearCoordinates) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、カーネルサイズを指定して、ヒント画像の輪郭座標から、元画像の輪郭線のベクトルを得ます。
traceLine(NyARIntPoint2d, NyARIntPoint2d, int, VecLinearCoordinates) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.INyARVectorReader
この関数は、元画像の点1と点2の間に線分を定義して、その線分上のベクトルを配列に得ます。
traceLine(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, int, VecLinearCoordinates) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.INyARVectorReader
この関数は、元画像の点1と点2の間に線分を定義して、その線分上のベクトルを配列に得ます。
traceLine(NyARIntPoint2d, NyARIntPoint2d, int, VecLinearCoordinates) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、元画像の点1と点2の間に線分を定義して、その線分上のベクトルを配列に得ます。
traceLine(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, int, VecLinearCoordinates) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、元画像の点1と点2の間に線分を定義して、その線分上のベクトルを配列に得ます。
traceLineWithClip(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, int, VecLinearCoordinates) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.INyARVectorReader
この関数は、クリッピング付きのライントレーサです。
traceLineWithClip(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d, int, VecLinearCoordinates) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARVectorReader_Base
この関数は、クリッピング付きのライントレーサです。
TrackingList - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは。
TrackingList() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TrackingList
 
transform3d(double, double, double, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、3次元座標を座標変換します。
transform3d(NyARDoublePoint3d, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、3次元座標を座標変換します。
transformVertex(NyARDoublePoint3d, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、3次元座標を座標変換します。
transformVertex(double, double, double, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、3次元座標を座標変換します。
translate(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、現在の行列を平行移動します。
translate(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、頂点を移動します。
translate(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、頂点を移動します。
transMat(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpTransMat
Make tansform matrix by ICP algorism.
transMat(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.INyARTransMat
この関数は、理想座標系の四角系を元に、位置姿勢変換行列を求めます。
transMat(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMat
この関数は、理想座標系の四角系を元に、位置姿勢変換行列を求めます。
transMat(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMat_ARToolKit
この関数は、理想座標系の四角系を元に、位置姿勢変換行列を求めます。
transmat - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.test.NyIdTest.MarkerProcessor
transMatContinue(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, double, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpTransMat
Make tansform matrix by ICP algorism.
transMatContinue(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, double, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.INyARTransMat
この関数は、理想座標系の四角系を元に、位置姿勢変換行列を求めます。
transMatContinue(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, double, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMat
この関数は、理想座標系の四角系を元に、位置姿勢変換行列を求めます。
transMatContinue(NyARSquare, NyARRectOffset, NyARDoubleMatrix44, double, NyARDoubleMatrix44, NyARTransMatResultParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMat_ARToolKit
ARToolkitと同じ結果を返します。
transpose(NyARMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARMat
i_srcの転置行列をインスタンスにセットします。
trap(String) - 例外 のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARException
ライブラリ開発者向けの関数です。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _