A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

S

sampling(NyARGrayscaleRaster, int, LowResolutionLabelingSamplerOut) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.sampler.lrlabel.LowResolutionLabelingSampler
この関数は、入力ラスタをサンプリングして、o_outにラベル情報を出力します。
saveARParam(OutputStream) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
この関数は機能しません。
scalar - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.utils.VecLinearCoordinates.VecLinearCoordinatePoint
ベクトルの2乗値です。
selectKnownTargets(NyARRealityTarget[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、KnownステータスのRTターゲットを検索して、配列に返します。
selectSingleTargetByType(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTargetList
この関数は、特定のステータスのRTターゲットを1個選択して返します。
selectSingleUnknownTarget() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、UnknownステータスのRTターゲットを1個検索して返します。
selectTargetsByType(int, NyARRealityTarget[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARRealityTargetList
この関数は、特定のステータスのRTターゲットだけを選択して、一括でo_resultへ返します。
selectUnKnownTargets(NyARRealityTarget[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
この関数は、UnknownステータスのRTターゲットを検索して、配列に返します。
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.INyARTransportVectorSolver
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
set2dVertex(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver_ARToolKit
この関数は、射影変換後の2次元頂点座標をセットします。
setAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix_ARToolKit
ARToolKitスタイルの角度値を、行列にセットします。
setAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.rotmatrix.NyARRotMatrix_ARToolKit_O2
 
setARCode(NyARCode) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.INyARMatchPatt
この関数は、インスタンスに基準となるARマーカオブジェクトをセットします。
setARCode(NyARCode) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPatt_BlackWhite
基準パターンをセットします。
setARCode(NyARCode) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPatt_Color_WITHOUT_PCA
基準パターンをセットします。
setARCodeTable(NyARCode[], int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleARMarkerProcesser
この関数は、検出するマーカパターンテーブルの配列を指定します。
setAreaRange(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.rlelabeling.NyARLabeling_Rle
検出するラベルのエリア(画素数)範囲を設定します。
setAreaRect(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、頂点集合を包括する矩形を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、頂点集合を包括する矩形を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、頂点集合を包括する矩形のサイズ値(幅、高さ)を計算して、インスタンスにセットします。
setAreaRect(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、頂点集合を包括する矩形のサイズ値(幅、高さ)を計算して、インスタンスにセットします。
setBinThreshold(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、2値化敷居値を設定します。
setBreakLoopErrorRatioThresh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setBreakLoopErrorThresh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setBreakLoopErrorThresh2(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setCenterPos(NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、頂点集合から、中央値(Σp[n]/n)を求めて、インスタンスにセットします。
setConficenceTh(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList
マーカの一致敷居値を設定する。
setConfidenceThreshold(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、ARマーカ検出の、敷居値を設定します。
setConfidenceThreshold(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleARMarkerProcesser
この関数は、マーカパターンの一致率の敷居値を設定します。
setContinueMode(boolean) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARDetectMarker
この関数は、変換行列の計算モードを切り替えます。
setContinueMode(boolean) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
この関数は、変換行列の計算モードを切り替えます。
setDist(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARDistMap
この関数は、列と行を指定して、距離値1個をマップにセットします。
setEdgeSizeByPercent(int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Perspective
矩形領域のエッジ(枠)サイズを、割合で指定します。
setFromMatrix(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARQuaternion
 
setInlierProbability(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setLength(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
配列の長さを変更します。
setLinear(NyARLinear, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、i_lineの直線を、インスタンスにセットします。
setLineCoordinates(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntCoordinates
この関数は2点を結ぶ直線を計算して、輪郭線を保存します。
setLostDelay(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、消失時のディレイ値を指定します。
setMapSize(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARDistMap
この関数は、マップのサイズを指定します。
setMarkerWidth(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.processor.SingleNyIdMarkerProcesser
この関数は、マーカの物理サイズを変更します。
setMatXc2U(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setMaxLabels(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelOverlapChecker
チェックリストの最大数を変更します。
setMaxLoop(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcp
 
setNewArray(double[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARVec
現在ラップしている配列を取り外して、新しい配列と、列数をセットします。
setPixel(int, int, int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARGsPixelDriver
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixel(int, int, int, int, int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARRgbPixelDriver
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixel(int, int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARRgbPixelDriver
この関数は、RGBデータを指定した座標のピクセルにセットします。
setPixels(int[], int[], int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARGsPixelDriver
この関数は、座標群にピクセルごとのRGBデータをセットします。
setPixels(int[], int[], int, int[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARRgbPixelDriver
この関数は、座標群にピクセルごとのRGBデータをセットします。
setPointDists(NyARIntPoint2d[], int, NyARIntPoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARDistMap
この関数は、2つの座標点配列同士の距離値を一括してマップにセットします。
setProjectionMatrixClipping(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARSingleCameraSystem
視錐台パラメータを設定します。
setRaster(INyARRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattDeviationBlackWhiteData
この関数は、ラスタから差分画像を生成して、格納します。
setRaster(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattDeviationColorData
この関数は、ラスタから差分画像を生成して、インスタンスに格納します。
setRaster(INyARRgbRaster, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.match.NyARMatchPattDeviationColorData
この関数は、元画像を回転してから、差分画像を生成して、格納します。
setRaster(INyARRgbRaster[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARCode
4枚のラスタオブジェクトから、マーカーパターンを生成して格納します。
setRaster(INyARRgbRaster) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARCode
1枚のラスタオブジェクトから、マーカーパターンを生成して格納します。
setRotateX(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のX軸回転を設定します。
setRotateY(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のY軸回転を設定します。
setRotateZ(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系のZ軸回転を設定します。
setSampleArea(NyARDoublePoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTarget
この関数は、4頂点から包括矩形を計算してNyARTarget._sample_areaに設定します。
setSampleArea(LowResolutionLabelingSamplerOut.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTarget
この関数は、LowResolutionLabelingSamplerOut.ItemからNyARTarget._sample_areaに設定します。
setSeed(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARLCGsRandomizer
 
setSquare(double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARRectOffset
この関数は、原点(0,0,0)位置に、XY平面に平行な正方形マーカのオフセット情報をセットします。
setSquare(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARRectOffset
この関数は、原点(0,0,0)位置に、XY平面に平行な矩形マーカのオフセット情報をセットします。
setTranslate(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、行列に右手系の平行移動量を設定します。
setValue(NyARMat) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARMat
i_copy_fromの内容を、thisへコピーします。
setValue(double[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、配列の値を歪みパラメータ値として、このインスタンスにセットします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
歪みパラメータ値を格納した配列。
setValue(NyARIntSize, double[], double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、配列の値を歪みパラメータ値として、このインスタンスにセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix44, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
この関数は、視錐台行列をインスタンスにセットします。
setValue(NyARPerspectiveProjectionMatrix, int, int, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
この関数は、ARToolKitスタイルの射影変換行列から視錐台を作成してセットします。
setValue(double[], double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARParam
この関数は、配列から値を設定します。
setValue(NyARDoubleMatrix33, NyARDoublePoint3d, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.NyARTransMatResult
この関数は、平行移動量と回転行列をセットして、インスタンスのパラメータを更新します。
setValue(double[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.INyARDoubleMatrix
この関数は、配列の内容を行列にセットします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix22
この関数は、要素数4の配列を、行列にセットします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、要素数9の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix33) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix34
この関数は、要素数12の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix34) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix34
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、要素数16の配列を、行列にセットします。
setValue(NyARDoubleMatrix44) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、オブジェクトの内容をインスタンスにコピーします。
setValue(NyARDoubleMatrix33, NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix44
この関数は、平行移動量と回転行列をセットして、インスタンスのパラメータを更新します。
setValue(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、オブジェクトからインスタンスに値をセットします。
setValue(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、オブジェクトの値をインスタンスにセットします。
setValue(int, int, int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、インスタンスに値をセットします。
setValue(int, int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize
この関数は、引数値をインスタンスにセットします。
setValue(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、オブジェクトの値をインスタンスにセットします。
setValue(INyARVectorReader, LowResolutionLabelingSamplerOut.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARContourTargetStatus
この関数は、サンプル値を元に、ベクトル輪郭を生成して、インスタンスを更新します。
setValue(LowResolutionLabelingSamplerOut.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARNewTargetStatus
この関数は、ラべリング結果から、メンバ変数に値をセットします。
setValueByAutoSelect(INyARVectorReader, LowResolutionLabelingSamplerOut.Item, NyARRectTargetStatus) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
この関数は、2回目以降の矩形検出で、状況に応じた矩形検出処理を実行して、新しい値をインスタンスにセットします。
setValueWithInitialCheck(NyARContourTargetStatus, NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
この関数は、輪郭ステータスから矩形パラメータを推定して、インスタンスにセットします。
setVector(double, double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、傾きと通過点から直線式を計算して、インスタンスへセットします。
setVector(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、NyARVecLinear2dを直線式に変換して、インスタンスへセットします。
setVectorWithNormalize(NyARVecLinear2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、NyARVecLinear2dを正規化された直線式に変換して、インスタンスへセットします。
setZXYAngle(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、行列を回転行列として、ZXY系の角度値をセットします。
setZXYAngle(double, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.matrix.NyARDoubleMatrix33
この関数は、行列を回転行列として、ZXY系の角度値をセットします。
shift - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.VertexSortTable.Item
 
shiftByArtkDirection(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARRectTargetStatus
この関数は、矩形の頂点情報をARToolKitのdirectionモデルに従って回転します。
shiftCopy(NyARDoublePoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
 
shiftCopy(NyARIntPoint2d[], NyARIntPoint2d[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
 
sigmoid(int, int, double, INyARGrayscaleRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.rasterfilter.gs.INyARGsToneTableFilter
点 i_x,i_yを中心とする、ゲインi_gainのシグモイド関数を定義して、フィルタを適応します。
SingleARMarkerProcesser - jp.nyatla.nyartoolkit.processorのクラス
このクラスは、登録した複数のARマーカのうち、同時に1個のARマーカの検出処理を管理します。
SingleARMarkerTest - jp.nyatla.nyartoolkit.testのクラス
このプログラムは、NyIdマーカ検出クラスSingleARMarkerProcesserの動作チェックプログラムです。
SingleARMarkerTest() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.test.SingleARMarkerTest
コンストラクタです。
SingleNyIdMarkerProcesser - jp.nyatla.nyartoolkit.processorのクラス
このクラスは、1個のNyARマーカの検出処理を管理します。
solve(double[][], double[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARSystemOfLinearEquationsProcessor
この関数は、i_leftとi_rightで表現された連立方程式を解いて、i_left,i_right内容を更新します。
solve2Equation(double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(ax^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve2Equation(double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(x^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve2Equation(double, double, double[], int) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、 二次方程式(x^2+bx+c=0)を解いて、実根のみを返します。
solve3Equation(double, double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、3次方程式(a*x^3+b*x^2+c*x+d=0)の実根を計算します。
solve3Equation(double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、3次方程式(x^3+b*x^2+c*x+d=0)の実根を計算します。
solve4Equation(double, double, double, double, double, double[]) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyAREquationSolver
この関数は、4次方程式(ax^4+bx^3+b*cx^2+d*x+e=0)の実根を計算します。
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.INyARTransportVectorSolver
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
solveTransportVector(NyARDoublePoint3d[], NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.transmat.solver.NyARTransportVectorSolver_ARToolKit
画面座標群と3次元座標群から、平行移動量を計算します。
sortByArea() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingLabelStack
この関数は、配列をNyARLabelInfo.areaでソートします。
sortByArea() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.rlelabeling.NyARRleLabelFragmentInfoPtrStack
この関数は、配列をNyARLabelInfo.areaでソートします。
sq - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TMarkerData
検出した矩形の格納変数。
SQ_10 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
SQ_2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
SQ_20 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
SQ_40 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
SQ_5 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
SQ_8 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
定数値。
sq_dist - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.VertexSortTable.Item
 
sqDiagonalPointDiff(NyARIntRect) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntRect
この関数は、2つの矩形の対角点同士の距離の二乗値を計算します。
sqDist(NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARDoublePoint3d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARDoublePoint3d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDist(NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntPoint2d
この関数は、インスタンスの座標と、指定点との距離の2乗値を返します。
sqDistBySegmentLineEdge(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
この関数は、この直線と、i_sp1とi_sp2の作る線分との、二乗距離値の合計を返します。
sqDistBySegmentLineEdge(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARVecLinear2d
この関数は、この直線と、i_sp1とi_sp2の作る線分との、二乗距離値の合計を返します。
sqNorm(double, double, double, double) - クラス のstaticメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARMath
この関数は、点p1と点p2の距離の二乗値を返します。
SquareStack - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、拡張したNyARSquareクラスのスタックです。
SquareStack(int) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack
 
SquareStack.Item - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
 
SquareStack.Item() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack.Item
 
sqvertex - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.squaredetect.NyARSquare
矩形の頂点です。
ST_CONTURE - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARTargetStatus
定数値。
ST_IGNORE - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARTargetStatus
定数値。
ST_NEW - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARTargetStatus
定数値。
ST_RECT - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.status.NyARTargetStatus
定数値。
switchRaster(INyARRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARGsPixelDriver
 
switchRaster(INyARRgbRaster) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pixeldriver.INyARRgbPixelDriver
この関数は、新しいラスタをインスタンスにセットします。
syncResource() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.realitysource.nyartk.NyARRealitySource
この関数には、NyARRealitySource._rgb_sourceの内容をNyARRealitySource._tracksourceのグレースケール画像へ反映し、NyARTrackerSource.syncResource()を実行する処理を書きます。
syncResource() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.realitysource.nyartk.NyARRealitySource_Reference
RGBソースとトラッカのリソースとの内容の同期を取ります。
syncResource() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTrackerSource
この関数は、基準画像と内部状態を同期します。
syncResource() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTrackerSource_Reference
この関数は、基準画像と内部状態を同期します。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _