A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

P

packet - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.data.NyIdMarkerData_RawBit
パケットデータを格納した配列です。
patt_edge_percentage - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList.Item
MK_ARの情報。
patt_h - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList.Item
 
patt_w - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList.Item
 
pca(NyARMat, NyARVec, NyARVec) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.NyARMatPca
現在の行列に主成分分析を実行して、結果をthisと引数へ格納します。
pca(double[], double[], int, NyARDoubleMatrix22, double[], double[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pca2d.INyARPca2d
この関数は、i_v1とi_v2ペアの値を主成分分析して、o_evec,o_ev,o_meanへ値を返します。
pca(double[], double[], int, NyARDoubleMatrix22, double[], double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pca2d.NyARPca2d_MatrixPCA
 
pca(double[], double[], int, NyARDoubleMatrix22, double[], double[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pca2d.NyARPca2d_MatrixPCA_O2
 
PF_ARTOOLKIT_COMPATIBLE - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
ARToolKit互換のアルゴリズムを選択します。
PF_NYARTOOLKIT - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
NyARToolKitのアルゴリズムを選択します。
PF_NYARTOOLKIT_ARTOOLKIT_FITTING - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
ARToolKit互換アルゴリズムと、NyARToolKitのアルゴリズムの混合です。
PF_TEST2 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.detector.NyARSingleDetectMarker
開発用定数値
pickFromRaster(INyARRgbRaster, NyARIntPoint2d[]) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.INyARColorPatt
この関数は、画像の4頂点でかこまれる領域から、自由変形したパターンを取得して格納します。
pickFromRaster(INyARRgbRaster, NyARIntPoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Base
この関数は、ラスタのi_vertexsで定義される四角形からパターンを取得して、インスタンスに格納します。
pickFromRaster(INyARRgbRaster, NyARIntPoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_O3
この関数は、ラスタのi_vertexsで定義される四角形からパターンを取得して、インスタンスに格納します。
pickFromRaster(INyARRgbRaster, NyARIntPoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_Perspective
この関数は、ラスタのi_vertexsで定義される四角形からパターンを取得して、インスタンスに格納します。
pickFromRaster(INyARRgbRaster, NyARIntPoint2d[]) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.pickup.NyARColorPatt_PseudoAffine
この関数は、ラスタのi_vertexsで定義される四角形からパターンを取得して、インスタンスに格納します。
pickFromRaster(INyARGsPixelDriver, NyARIntPoint2d[], NyIdMarkerPattern, NyIdMarkerParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPickup
この関数は、ラスタドライバから画像を読み出します。
pickFromRaster(INyARGsPixelDriver, NyARDoublePoint2d[], NyIdMarkerPattern, NyIdMarkerParam) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.nyidmarker.NyIdMarkerPickup
この関数は、ラスタドライバから画像を読み出します。
pop() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
この関数は、配列の最後尾の要素を取り除いて返します。
pops(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
この関数は、配列の最後尾から指定個数の要素を取り除きます。
pos_x - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域の中心位置(x)
pos_y - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域の中心位置(y)
prepare() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList
 
prepare() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARPlayCardList
 
prepare() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.NyIdList
 
prepare() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TrackingList
 
prePush() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARObjectStack
この関数は、配列から新しい要素を1個わりあてて返します。
prePush() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.sampler.lrlabel.LowResolutionLabelingSamplerOut
この関数は、新しいラベル要素を1個割り当てます。
prev - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARLinkList.Item
 
progress(NyARRealitySource) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.reality.nyartk.NyARReality
Realityの状態を、i_inのNyARRealitySourceを元に、1サイクル進めます。
progress(NyARTrackerSource) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.tracker.nyartk.NyARTracker
この関数は、NyARTrackerSourceの情報から、インスタンスの状態を更新します。
project(double, double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
カメラ座標系の点を、スクリーン座標の点へ変換します。
project(NyARDoublePoint3d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum
カメラ座標系の点を、スクリーン座標の点へ変換します。
project(NyARDoublePoint3d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
座標値を射影変換します。
project(double, double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
座標値を射影変換します。
project(NyARDoublePoint3d, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
座標値を射影変換します。
project(double, double, double, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARPerspectiveProjectionMatrix
座標値を射影変換します。
PsARPlayCardPickup - jp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycardのクラス
このクラスは、ラスタ画像に定義したの任意矩形から、PsARPlayCardパターンのデータを読み取ります。
PsARPlayCardPickup() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycard.PsARPlayCardPickup
コンストラクタです。
PsARPlayCardPickup.PsArIdParam - jp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycardのクラス
 
PsARPlayCardPickup.PsArIdParam() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.psarplaycard.PsARPlayCardPickup.PsArIdParam
 
push(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelOverlapChecker
この関数は、チェックリストにラベルの参照を追加します。
push(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARObjectStack
この関数は機能しません。
push(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
この関数は、配列の最後尾にオブジェクトを追加します。
pushAssert(T) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.types.stack.NyARPointerStack
この関数は、配列の最後尾にオブジェクトを追加します。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _