A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

O

ob_vertex - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.SquareStack.Item
検出座標系の値
OBJECT_And_Bitmap - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
AndroidのBitmap型オブジェクト
OBJECT_AS3 - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
AS3プラットフォーム固有オブジェクトのドメインです。
OBJECT_AS3_BitmapData - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
RGB形式。
OBJECT_CS - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
C#プラットフォーム固有オブジェクトのドメインです。
OBJECT_CS_Bitmap - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
RGB形式。
OBJECT_CS_Unity - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
 
OBJECT_Java - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
Javaプラットフォーム固有オブジェクトのドメインです。
OBJECT_Java_BufferedImage - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType
RGB形式。
observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
この関数は、座標を観察座標系から理想座標系へ変換します。
observ2Ideal(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
この関数は、座標を観察座標系から理想座標系へ変換します。
observ2Ideal(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
この関数は、座標を観察座標系から理想座標系へ変換します。
observ2Ideal(NyARDoublePoint2d, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
 
observ2Ideal(int, int, NyARIntPoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARObserv2IdealMap
この関数は、観察座標を理想座標へ変換します。
observ2Ideal(int, int, NyARDoublePoint2d) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARObserv2IdealMap
この関数は、観察座標を理想座標へ変換します。
observ2IdealBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.INyARCameraDistortionFactor
座標配列全てに対して、INyARCameraDistortionFactor.observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d)を適応します。
observ2IdealBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV2
座標配列全てに対して、NyARCameraDistortionFactorV2.observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d)を適応します。
observ2IdealBatch(NyARDoublePoint2d[], NyARDoublePoint2d[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARCameraDistortionFactorV4
座標配列全てに対して、NyARCameraDistortionFactorV4.observ2Ideal(double, double, NyARDoublePoint2d)を適応します。
observ2IdealBatch(NyARIntPoint2d[], int, int, double[], double[], int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARObserv2IdealMap
この関数は、一括して観察座標を理想座標へ変換します。
OnDetect(boolean, long, int, double, long) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ASyncIdMarkerTable.IResultListener
この関数は、マーカの認識に成功した事を知らせます。
onUpdateCameraParametor(NyARParam, double, double) - インタフェース のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.INyARSingleCameraSystemObserver
カメラパラメータが更新されたことを通知します。
order(int) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.ByteBufferedInputStream
マルチバイト読み込み時のエンディアン.
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _