A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _ 

A

a - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARLinear
直線式の係数 a
add(ARMarkerList.Item) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList
このAdd以外使わないでね。
add(TMarkerData) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.TrackingList
トラッキングリストへ追加。
addAnyItem(String, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable
全てのSerialIDにヒットするメタデータセットを、テーブルに追加します。
addARMarker(NyARCode, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、ARToolKitスタイルのマーカーを登録します。
addARMarker(InputStream, int, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、ARToolKitスタイルのマーカーをストリームから読みだして、登録します。
addARMarker(String, int, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、ARToolKitスタイルのマーカーをファイルから読みだして、登録します。
addARMarker(INyARRgbRaster, int, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、画像からARマーカパターンを生成して、登録します。
addMarker(NyARCode, int, String, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable
テーブル操作関数です。
addMarker(NyARRgbRaster, int, String, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable
テーブル操作関数です。
addMarkerFromARPatt(InputStream, int, String, double, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable
テーブル操作関数です。
addNyIdMarker(long, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、1個のIdマーカをシステムに登録して、検出可能にします。
addNyIdMarker(long, long, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、1個の範囲を持つidマーカをシステムに登録して、検出可能にします。
addObserver(INyARSingleCameraSystemObserver) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARSingleCameraSystem
NyARSingleCameraSystemのイベント通知リストへオブザーバを追加します。
addPsARPlayCard(int, int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、1個の範囲を持つARプレイマーカをシステムに登録して、検出可能にします。
addPsARPlayCard(int, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.NyARMarkerSystem
この関数は、1個のARプレイマーカをシステムに登録して、検出可能にします。
addSerialIdItem(String, long, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable
この関数は、1個のSerialIDに対応するメタデータを、テーブルに追加します。
addSerialIdRangeItem(String, long, long, double) - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable
この関数は、SerialIDの範囲に対応するメタデータを、テーブルに追加します。
AL_POINT - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpTransMat
This value indicates POINT algorism.
AL_POINT_ROBUST - クラス のstatic変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.icp.NyARIcpTransMat
This value indicates POINT_ROBUST algorism.
append() - クラス のメソッドjp.nyatla.nyartoolkit.core.utils.NyARLinkList
リストを1拡張する。
area - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.NyARLabelInfo
領域の画素数
ARMarkerList - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、ARマーカの検出状態を保持するリストです。
ARMarkerList() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList
 
ARMarkerList.Item - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、ARマーカの検出結果を保存するデータクラスです。
ARMarkerList.Item(NyARCode, int, double) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerList.Item
 
ARMarkerSortList - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、ARマーカの検出結果をマッピングするためのリストです。
ARMarkerSortList() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerSortList
指定個数のリンクリストを生成。
ARMarkerSortList.Item - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
 
ARMarkerSortList.Item() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARMarkerSortList.Item
 
ARPlayCardList - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
このクラスは、ARプレイカードの検出結果をマッピングします。
ARPlayCardList() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARPlayCardList
 
ARPlayCardList.Item - jp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utilsのクラス
 
ARPlayCardList.Item(int, int, double) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.markersystem.utils.ARPlayCardList.Item
コンストラクタです。
artk_direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult
ARToolKit準拠のマーカの方位値です。
artk_direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.CardDetect.UnknownRectInfo
ARToolKitスタイルのdirection値
artk_direction - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.RawbitSerialIdTable.IdentifyIdResult
ARToolKit準拠の、マーカの方位値です。
ARTKMarkerTable - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのクラス
このクラスは、ARToolKitマーカパターンのテーブルです。
ARTKMarkerTable(int, int, int, int, int, int) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable
コンストラクタです。
ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのクラス
結果型です。
ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult() - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ARTKMarkerTable.GetBestMatchTargetResult
 
aspect - クラス の変数jp.nyatla.nyartoolkit.core.param.NyARFrustum.PerspectiveParam
 
ASyncIdMarkerTable - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのクラス
このクラスは、非同期にIDマーカを検索するIdマーカテーブルです。
ASyncIdMarkerTable(ASyncIdMarkerTable.IResultListener) - クラス のコンストラクタjp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklib.ASyncIdMarkerTable
コンストラクタです。
ASyncIdMarkerTable.IResultListener - jp.nyatla.nyartoolkit.rpf.mklibのインタフェース
このインタフェイスは、ASyncIdMarkerTableのコンストラクタに使います。
A B C D E F G H I J L M N O P R S T U V W X Y Z _