jp.nyatla.nyar4psg
クラス NyARBoard

java.lang.Object
  上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass
      上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass
          上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.NyARBoard

public class NyARBoard
extends SingleMarkerBaseClass

このクラスは、マーカを1枚の板に見立てて、そこを中心にした座標系を計算します。 PImageから1個のARマーカを検出します。 * 同時検出可能なマーカは1種類、1個です。

NyARBoardは、2つの外部設定ファイル"マーカファイル"と"カメラパラメータ"ファイルを必要とします。 これらはARToolKitのものと互換性があります。 これらはスケッチのdataディレクトリ以下に配置をして下さい。(exampleを見てください。)


フィールドの概要
 double cfThreshold
          マーカの座標変換を行う閾値です。
 double confidence
          [read only]検出したマーカの一致度です。
 int gsThreshold
          マーカ検出時のグレースケール閾値を指定します。
 int lostCount
          [read only]連続でマーカを見失った回数。
 int lostDelay
          この値は、マーカ消失時の遅延数を設定します。
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass から継承されたフィールド
angle, pos2d, projection, trans, transmat
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass から継承されたフィールド
_ar_param, _config, _frustum, _preader, _ps_background_mv, _ps_projection, _ref_papplet, _src_raster, FRUSTUM_DEFAULT_FAR_CLIP, FRUSTUM_DEFAULT_NEAR_CLIP, VERSION
 
コンストラクタの概要
NyARBoard(PApplet parent, int i_width, int i_height, String i_cparam, String i_patt, int i_patt_width)
          この関数はコンストラクタです。
NyARBoard(PApplet parent, int i_width, int i_height, String i_cparam, String i_patt, int i_patt_width, NyAR4PsgConfig i_config)
          この関数はコンストラクタです。
 
メソッドの概要
 boolean detect(PImage i_image)
          i_imageから最も一致度の高いマーカを検出し、cfThreshold以上の一致度であれば、 pos2d,angle,trans,confidence,transmatのプロパティを更新します。
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass から継承されたメソッド
beginTransform, beginTransform, endTransform, getMarkerMatrix, getMarkerVertex2D, initInstance, pickupMarkerImage, pickupRectMarkerImage, screen2MarkerCoordSystem, updateTransmat
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass から継承されたメソッド
drawBackground, getProjectionMatrix, matResult2GLArray, matResult2PMatrix3D, pickupMarkerImage, PMatrix2GLProjection, PMatrix2GLProjection, screen2MarkerCoordSystem, setARClipping, setARPerspective, setBackgroundOrtho, setPerspective
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

lostDelay

public int lostDelay
この値は、マーカ消失時の遅延数を設定します。 値は0以上を指定します。


lostCount

public int lostCount
[read only]連続でマーカを見失った回数。この値は0<n<lostDelayをとります。


cfThreshold

public double cfThreshold
マーカの座標変換を行う閾値です。 0.0<n<1.0の値をとります。 この数値より一致度が大きい場合のみ、マーカを検出したと判定され、座標計算が行われます。


confidence

public double confidence
[read only]検出したマーカの一致度です。 0<n<1.0の値を取ります。


gsThreshold

public int gsThreshold
マーカ検出時のグレースケール閾値を指定します。この値は、0<=n<=255をります。

コンストラクタの詳細

NyARBoard

public NyARBoard(PApplet parent,
                 int i_width,
                 int i_height,
                 String i_cparam,
                 String i_patt,
                 int i_patt_width,
                 NyAR4PsgConfig i_config)
この関数はコンストラクタです。

パラメータ:
parent - processingのPAppletインスタンスをしていします。
i_width - detect()に渡す入力画像の幅を指定します。
i_htight - detectに渡す入力画像の高さを指定します。
i_cparam - ARToolKitのパラメータファイル名を指定します。パラメータファイルはdataディレクトリにおいて下さい。
i_patt - マーカのパターンファイル名を指定します。パターンファイルは、dataディレクトリにおいて下さい。 マーカの解像度は、16x16である必要があります。
i_patt_width - マーカのサイズを指定します。単位はmmです。
i_config - コンフィギュレーションオブジェクトを指定します。

NyARBoard

public NyARBoard(PApplet parent,
                 int i_width,
                 int i_height,
                 String i_cparam,
                 String i_patt,
                 int i_patt_width)
この関数はコンストラクタです。 i_config引数にNyAR4PsgConfig.CONFIG_DEFAULTを設定するコンストラクタと同一です。

パラメータ:
parent - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_width - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_height - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_cparam - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_patt - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_patt_width - NyARBoard#NyARBoard(PApplet, int, int, String, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
メソッドの詳細

detect

public boolean detect(PImage i_image)
i_imageから最も一致度の高いマーカを検出し、cfThreshold以上の一致度であれば、 pos2d,angle,trans,confidence,transmatのプロパティを更新します。

パラメータ:
i_image - 検出する画像を指定します。この画像は、入力画像に設定した値と同じでなければなりません。
戻り値:
マーカが検出され、有効な値が得られればTRUEを返します。 TRUEの時には、新しいマーカの位置情報が更新されます。


NyAR4psgは、NyARToolkit projectで開発している、NyARToolKitのProcessingフロントエンドです。ソースコードは、sorceforge.jpNyARToolkitからダウンロードできます。
Copyright 2011 NyARToolkit project. All rights reserved.