jp.nyatla.nyar4psg
クラス SingleNyIdMarker

java.lang.Object
  上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass
      上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass
          上位を拡張 jp.nyatla.nyar4psg.SingleNyIdMarker

public class SingleNyIdMarker
extends SingleMarkerBaseClass

このクラスは、NyIdマーカを同時に1個を認識するクラスです。 NyARToolKitのSingleNyIdMarkerProcesserを使用したクラスです。 入力画像から、NyIdマーカを1個検出し、そのID番号と行列を返します。


フィールドの概要
 int markerid
          推奨されていません。  
static int ST_NEWMARKER
          detectの返すステータス値です。
static int ST_NOMARKER
          detectの返すステータス値です。
static int ST_REMOVEMARKER
          detectの返すステータス値です。
static int ST_UPDATEMARKER
          detectの返すステータス値です。
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass から継承されたフィールド
angle, pos2d, projection, trans, transmat
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass から継承されたフィールド
_ar_param, _config, _frustum, _preader, _ps_projection, _ref_papplet, _src_raster, VERSION
 
コンストラクタの概要
SingleNyIdMarker(PApplet parent, int i_width, int i_height, String i_cparam)
          コンストラクタです。
SingleNyIdMarker(PApplet parent, int i_width, int i_height, String i_cparam, NyAR4PsgConfig i_config)
          コンストラクタです。
 
メソッドの概要
 int detect(PImage i_image)
           
 int getNyId()
          検出しているNyIdマーカの番号を返します。
 void setIdMarkerSize(double i_width)
          この関数は、Idマーカのサイズを設定します。
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.SingleMarkerBaseClass から継承されたメソッド
beginTransform, beginTransform, endTransform, getMarkerMatrix, getMarkerVertex2D, initInstance, pickupMarkerImage, pickupRectMarkerImage, screen2MarkerCoordSystem, updateTransmat
 
クラス jp.nyatla.nyar4psg.NyARPsgBaseClass から継承されたメソッド
matResult2GLArray, matResult2PMatrix3D, pickupMarkerImage, PMatrix2GLProjection, PMatrix2GLProjection, screen2MarkerCoordSystem, setARPerspective, setPerspective
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

ST_NOMARKER

public static final int ST_NOMARKER
detectの返すステータス値です。

関連項目:
定数フィールド値

ST_NEWMARKER

public static final int ST_NEWMARKER
detectの返すステータス値です。

関連項目:
定数フィールド値

ST_UPDATEMARKER

public static final int ST_UPDATEMARKER
detectの返すステータス値です。

関連項目:
定数フィールド値

ST_REMOVEMARKER

public static final int ST_REMOVEMARKER
detectの返すステータス値です。

関連項目:
定数フィールド値

markerid

public int markerid
推奨されていません。 
[readonly] この変数は互換性の為に残されています。getNyId()を使用してください。

コンストラクタの詳細

SingleNyIdMarker

public SingleNyIdMarker(PApplet parent,
                        int i_width,
                        int i_height,
                        String i_cparam,
                        NyAR4PsgConfig i_config)
コンストラクタです。

パラメータ:
parent - PAppletを指定します。
i_width - 入力する映像サイズを指定します。
i_height - 入力する映像サイズを指定します。
i_cparam - カメラパラメータファイル名を指定します。
i_config - コンフィギュレーションオブジェクトを指定します。 このクラスは、NyAR4PsgConfig.env_transmat_modeの値を無視します。(常にNyAR4PsgConfig.TM_NYARTKを使います。 )

SingleNyIdMarker

public SingleNyIdMarker(PApplet parent,
                        int i_width,
                        int i_height,
                        String i_cparam)
コンストラクタです。 SingleNyIdMarker(PApplet, int, int, String, NyAR4PsgConfig)のコンフィギュレーションに、NyAR4PsgConfig.CONFIG_DEFAULTを指定した物と同じです。

パラメータ:
parent - SingleNyIdMarker(PApplet, int, int, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_width - SingleNyIdMarker(PApplet, int, int, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_height - SingleNyIdMarker(PApplet, int, int, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
i_cparam - SingleNyIdMarker(PApplet, int, int, String, NyAR4PsgConfig)を参照してください。
メソッドの詳細

getNyId

public int getNyId()
検出しているNyIdマーカの番号を返します。

戻り値:
NyId値

setIdMarkerSize

public void setIdMarkerSize(double i_width)
この関数は、Idマーカのサイズを設定します。

パラメータ:
i_width - Idマーカの物理サイズをmm単位で指定します。

detect

public int detect(PImage i_image)
パラメータ:
i_image -
戻り値:
ステータスコードを返します。
  • ST_NOMARKER - マーカが認識されていない事を示します。 マーカパラメータのメンバ変数は使用不可能です。
  • ST_NEWMARKER - マーカが発見された事を示します。 transmat,angle,trans,markeridメンバ変数が利用可能です。
  • ST_UPDATEMARKER - マーカ座標が更新されたことを示します。 transmat,angle,trans,markeridメンバ変数が利用可能です。
  • ST_REMOVEMARKER - マーカが消失したことを示します。 マーカパラメータのメンバ変数は使用不可能です。


NyAR4psgは、NyARToolkit projectで開発している、NyARToolKitのProcessingフロントエンドです。ソースコードは、sorceforge.jpNyARToolkitからダウンロードできます。
Copyright 2011 NyARToolkit project. All rights reserved.