MiMic on NXP LPCXpresso 1769 評価ボード(開発環境編)

MiMicをNXP LPCXpresso 1769 評価ボードで動作させるためのチュートリアルです。

今回は、MiMicの開発環境である、”LPCXpressoIDE”のインストールと、アクティベーション方法を説明します。手順を実施することで、MiMicの開発環境である、”LPCXpressoIDE”が使用できるようになります。

内容は、秋月電子でLCP 1769を購入すると同梱されている冊子と、ほぼ同一です。

この方法は、2011/09/01時点のものです。今後変更されることがあります。正式な手順は、NXP Semiconductor Microcontrollers LPCXpressoにある、LPCXpresso Getting started with NXP LPCXpressoを参照してください。

手順

ユーザ登録、開発環境(LPCXpressoIDE)のダウンロード、インストール、アクティベーションの順に説明します。

ユーザ登録

開発環境”code_red”をダウンロードするには、NXP Semiconductor Microcontrollers LPCXpresso のGet LPCXpressoのリンク先にある、LPCXpresso, powered by Code Red Technologiesページで、アカウントを作成します。

http://ics.nxp.com/lpcxpresso/#GetLPCXpresso

アカウントの登録はここから。

Home Page | LPCXpresso, powered by Code Red Technologies

ユーザ登録画面では、メールアドレスを入力する必要があります。用意しておいてください。

記入してSign upボタンを押すと、登録が完了して、メールが送られてきます。

送られてくるメールには、ログインするためのユーザIDとパスワードが書いてあります。

code_redのダウンロード

メールに書いてあるIDとパスワードを使って、LPCXpresso, powered by Code Red Technologiesの左上のところからログインします。

ログインして、ページをスクロールすると、Downloadボタンがあるので、ぽちっと。

WindowsとLinux用があります。好きなほうを選択してください。選択すると、バージョン選択画面に移るので、一番新しいもの(current release)をダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、プログラムを実行して、インストールします。

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールを開始します。

あとはウィザードに従ってください。

Installが始まって、終わると確認画面が表示されて完了です。

アクティベーション

インストールしたLPCXpressoIDEは、アクティベーションを行わないと、コードサイズが8KBに制限されてしまいます。制限を解除するために、アクティベーションをしてください。(128KBに増えます。)

アクティベーションは、IDEでシリアル番号を生成→code_redのユーザページに登録→キーがメールで送られてくるので、それをIDEに登録する。という手順で行います。

LPCXpressoIDEを起動して、Help→product activation→create serial number and activateを選択します。

シリアル番号が表示されるので、コピーして、OKを押します。

LPCXpressoIDEの内蔵ブラウザがLPCXpressoIDEのページへ遷移するので、ログインしてください。

ログインしたら、My Registrationsを選択します。

ここに、取得したシリアル番号をペーストして送信してください。メールでアクティベーションコードが送られてきます。

メールの内容はこんな感じです。YourActivationCodeの部分を、コピーしてください。

LPCXpressoIDEの、Help→Product activation → Enter ActivationCode を選択します。

ここに、送られてきたアクティベーションコードをペーストします。

登録が成功したら、終了です。

 

次回は、MiMicをダウンロードして、実行します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.