MiMic on NXP LPCXpresso 1769 評価ボード(ハードウェア編)

MiMicをNXP LPCXpresso 1769 評価ボードで動作させるためのチュートリアルです。

ここでは、MiMicを動作させるための、最低限のハードウェア環境の作り方を説明します。

ハードウェア仕様

  • 電源は、LPC-LinkのUSBから取る。
  • LANのモジュラージャック
  • リセットスイッチを実装する。

MiMic自体は、評価ボードでそのまま実行できますが、httpd等の通信を行うためには、LANのモジュラージャックを増設する必要があります。リセットスイッチは、ハングアップ対策として、あると何かと便利です。開発用の環境ということで、電源はLPC-LinkのUSBのものをそのまま使い、省略します。(単独で使うときは、別途電源を組み立ててください。)

回路図

主要部品は、LPCXpresso本体、リセット用のプッシュスイッチ、パルストランスです。これらを、ユニバーサル基板に実装します。

部品リスト

  • LPCXpresso1769評価ボード
  • パルストランス(RJ-45)
  • ピンヘッダ(1×40P)2本
  • ピンソケット(2×30ピン)2本、
  • ユニバーサル基板
  • 線材(30cmくらい)

ピンブレッドボードに実装するときは、ピンヘッダのメスとユニバーサル基板は必要ありません。60ピンピンソケットが手に入らないときは、20ピンソケット3本を用意して、1本を半分に切って9ピンソケットを作り、縦に並べてください。(評価ボードのピン数は27本です。)

組み立て

工具は、カッターナイフ、ニッパー、半田ごて、半田、穴あけキリぐらいで大丈夫だとおもいます。

LPCXpresso1769評価ボードにピンヘッダを半田付けします。評価ボードのパターンを破壊しないように注意してください。

パルストランスのピンのピッチが基板と異なるので、基板に穴を開けます。割と適当です。

部品配置と配線は、こんな感じになります。

半田付けがへたですいません。

完成

半田付けをチェックして、間違いが無いことを確認します。その後、基板に評価ボードを差しこんで完成です。裏面がむき出しなので、電源を入れる前にプラ板や余った基板保護してください。

次回は、開発環境の導入について、説明します。

MiMic on NXP LPCXpresso 1769 評価ボード(開発環境編)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.