MiMicソースコードを LPCXpressoIDEへインポートする

Sourceforgeからソースファイルをダウンロードして、LPCXpressoIDEへインポートする手順を説明します。

ソースコードの入手

MiMicのソースコードは、Sourceforge.JPからダウンロードすることが出来ます。subversionクライアントをお持ちの方は、svn.sourceforge.jp/svnroot/mimic/tagsから、直接エクスポートしてください。Webブラウザで取得するには、以下の様にします。

Webブラウザで取得する。

SorceforgeのMiMicプロジェクト http://sourceforge.jp/projects/mimic/ページを開いて、開発者ページへ移動します。

ソースコードタブの、SVNリポジトリ閲覧を開きます。

リポジトリーの、tagsへ移動します。ここに動作するリビジョンがありますので、最も新しいもの(ここではr2)に移動します。

Download GNU tarball を選択して、この階層のファイルセットをダウンロードします。

プロジェクトのインポート

ダウンロードしたファイルを展開します。

LPCXpressoIDEを起動します。Workspaceには、適当なディレクトリを指定してください。

LPCXpressoIDEのFileメニューから、Importを選択し、ダイアログを開きます。

Existing Projects into Workspace を選択して、先ほど展開したディレクトリをインポートします。

いくつかのプロジェクトがあります。すべてをインポートしてください。

サンプルプロジェクトのコンパイル

インポートが完了したら、確認の為、template.sketchをビルドしてみましょう。template.sketchは、MiMicのスケッチシステムを使った「空の」プロジェクトです。 このプロジェクトは、MiMicスケッチのテンプレートになります。自作スケッチを作るときは、このテンプレートをコピーして使ってください。

projectExplolerのタブから、Build Projectを選択すると、スケッチのビルドが出来ます。無事バイナリが生成されれば、開発環境の構築は完了です。

 

他のサンプルについても、同様にビルドすることが出来ます。

Leave a Reply